Loading

コラム

50代女性なら美容液にこだわりを!ハリ不足の原因と意識したいケア方法


50代女性の肌悩みとして多いものの一つに「ハリ不足」があります。50代のお肌は40代と比べて水分や油分のバランスが乱れ、エイジングサインが深刻化しやすいのが特徴です。お肌内部のハリ成分が衰えることでほうれい線やたるみが深まり、シワが目立つようになるのです。また、水分や皮脂が減少することでお肌の乾燥が進み、乾燥肌や敏感肌になる方も多くいらっしゃいます。

こちらでは、そんな50代女性の多くの方が悩んでいるお肌のハリについてご紹介いたします。お肌のハリにお悩みの方は、ランキングや口コミなどで人気の美容液を通販で購入してみてはいかがでしょうか?

【50代女性で美容液をお探しの方へ】ハリが見た目年齢を左右する?

「お肌がたるんできた」「シワが増えてきた」「ほうれい線が目立つようになった」とお悩みの50代女性はいらっしゃいますか?

こういった肌トラブルはすべて、お肌のハリが低下していることで起こります。ハリが失われたお肌はエイジングサインによりしぼんだ印象になり、見た目年齢を老けさせてしまいます。そのため、いつまでも若々しい印象でいたいという方には、ハリ対策がおすすめです。

こちらでは「ハリ」とはなにか、ハリ不足の原因をご紹介いたします。

【50代のハリ対策は美容液で】ハリとは?

ハリのあるお肌とは、重力に負けずに弾むようにピンと張った状態のお肌のことです。指で押したときに、押し返すようなぷるぷるとした感触があり、柔軟性があるのが特徴です。

これは、お肌の内側にある真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがぎっしりと満たされている証拠でもあります。

コラーゲンは、真皮の70%を占めるお肌のハリに最も影響を与える「膠原線維」(こうげんせんい)と呼ばれるタンパク質のことです。お肌のハリにはある程度のお肌の強さが必要ですが、それをもたらすのがコラーゲンなのです。一方でヒアルロン酸はお肌に水分を留める役割を担っており、コラーゲンやエラスチンと結びついて繊維組織を安定させます。

エラスチンは真皮に2~3%しか存在しない、コラーゲンより柔らかい弾力のあるタンパク質です。ベッドに例えるなら、コラーゲンはマット、エラスチンはスプリング(バネ)の部分にあたります。つまり、エラスチンが失われることで弾力がなくなり、シワになってしまうということです。

お肌のハリを支えるコラーゲンの量は20代がピークで、30代、40代、50代と減っていきます。そのため、お肌のハリ対策は早いうちからしっかりと行うことが大切です。

【50代のハリ対策は美容液で】ハリ不足の原因

見た目年齢を左右するお肌のハリは、なぜ失われてしまうのでしょうか。こちらでは、ハリ不足の原因をご紹介いたします。

加齢

ハリを支えるコラーゲンの量は20代がピークで、30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに減っていきます。これは、コラーゲンを生み出す真皮の線維芽細胞(せんいがさいぼう)の機能が衰えるためです。

紫外線

地表に届く紫外線には2種類ありますが、その中でも「UV-A」はコラーゲンやエラスチンを変性させ、ハリや弾力を失わせます。線維芽細胞にもダメージを与え、弾力成分の生産を低下させることもあるため、紫外線対策は必須です。

お肌の乾燥

誤ったスキンケアなどが原因でお肌の乾燥が進むと、バリア機能が衰えて外的刺激を受けやすくなってしまいます。それにより真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどもダメージを受け、ハリが失われてしまうのです。敏感肌の方も外的刺激を受けやすい状態ですので、注意しましょう。

食生活の乱れ

過度なダイエットや偏食により、お肌のハリを保つために必要な栄養素が不足してしまいます。とくに糖質過多な食生活には注意が必要です。コラーゲンやエラスチンは糖化の影響を受けやすく、糖化によってコラーゲンやエラスチンは固くなって弾力性が失われてしまいます。甘いものや炭水化物ばかり摂っているという方は、食生活を見直してみましょう。

筋肉の老化

顔の筋肉が老化することで、皮膚を押す力が弱まり、ハリが失われてしまいます。皮膚もたるんでくるため、シワやほうれい線が目立つようになるのです。

【50代女性で美容液をお探しの方へ】ハリを取り戻すために意識したいこと

「加齢の影響だから仕方ない」「今から対策をしてももう遅い」と諦めてしまっている50代女性も中にはいらっしゃるでしょう。

しかし、ハリ不足の原因は加齢だけではないため、今からきちんと対策をすることでハリのある若々しい印象のお肌を目指すことができます。

こちらでは、ハリ肌をつくるための対策についてご紹介いたします。

【50代のハリ対策は美容液で】ハリ肌をつくるには

ハリ肌をつくるためには、以下のことを意識してみましょう。

紫外線対策

お肌のハリを守るためには、紫外線対策が重要です。中には夏だけ紫外線対策をしているという方もいらっしゃるかと思いますが、紫外線は1年中降り注いています。とくに春は紫外線量が多いため、季節関係なく外に出るときには日焼け止めをしっかりと塗り、日傘や帽子、日焼け防止手袋などを活用することをおすすめいたします。

スキンケアでしっかりと保湿

お肌が乾燥するのを防ぐため、保湿成分を多く含む化粧品を使ってお肌に水分と油分を補うことが大切です。とくに乾燥肌や敏感肌の方は、より保湿を意識したスキンケアを行ってください。

食生活を見直す

ハリのあるお肌をつくるためには、普段の食事からしっかりと栄養を摂取することが大切です。とくにビタミンB群やビタミンE、ビタミンC、イソフラボン、タンパク質、ミネラルといった、お肌によい影響を与える栄養を積極的に摂取するようにしましょう。

表情筋エクササイズ

顔の筋肉を上向きにするために、毎日表情筋を鍛えるエクササイズを行いましょう。日常生活の中で、表情筋は意外と使えていないものです。表情筋を意識しながらエクササイズを行うことで、皮膚がたるむのを防ぎます。


50代のハリ対策は美容液にもこだわりを

お肌のハリ対策には、普段使用しているスキンケアアイテムを見直すこともおすすめです。とくに、美容液にこだわりましょう。美容液は、年齢による肌悩みを集中的にケアすることができます。

人気ランキングや口コミなどを参考にスキンケアアイテムを探す方も多くいらっしゃいますが、人気ランキングや口コミだけではなく、配合される成分もきちんと確認して選ぶことが大切です。

50代のお肌には、保湿力に優れた美容液がおすすめです。お肌の乾燥はハリを失わせる原因となり、老化を目立たせてしまいます。そのため、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、アミノ酸など、乾燥肌や敏感肌に最適な美容成分が含まれている美容液をおすすめいたします。

人気ランキングや口コミなどを参考に美容液をお探しの方もいらっしゃるかと思いますが、優れた美容液は通販でも気軽に購入することができます。お肌のハリ対策に最適な美容液をお探しの方は、ぜひ通販をご活用ください。

50代のハリ対策におすすめの美容液を通販でお探しなら

50代の女性の多くが、お肌のハリ不足に悩んでいます。ハリが失われたお肌は見た目年齢を老けさせてしまうため、きちんと対策を行いたいものです。

ハリをつくるためには紫外線対策や食生活の見直しのほか、美容液にこだわることもおすすめです。美容液を探す際、人気ランキングや口コミなどを参考にする方は多いでしょう。しかし、お肌の状態や悩みは人それぞれ異なるものです。そのため、人気ランキングや口コミだけではなく、自分の肌悩みや肌質に合った美容液を探すためには、配合されている成分をきちんと確認することが大切です。

50代は乾燥肌・敏感肌になりやすく、これがハリを失わせる原因となるため、保湿成分がたっぷりと配合された美容液を選びましょう。

通販で50代におすすめの美容液をお探しの方は、株式会社マユナをご利用ください。お肌の成分にとても近いアミノ酸「セリシン」を白繭よりも多く含む、黄金繭(ゴールデンシルク)を主成分とした美容液を販売しています。黄金繭(ゴールデンシルク)はお肌のハリを保つ繊維芽細胞に働きかけ、ピンとしたみずみずしいお肌へと導きます。

とくに株式会社マユナでは国産にこだわり、京都産の黄金繭(ゴールデンシルク)を使用しています。日本において、繭は99%が輸入に頼っており、国産の繭はわずか1%。さらに黄金繭(ゴールデンシルク)は繭全体の中で1/100程度しかとれないことから、1/10000の希少さとなります。

ほかにも埼玉県奥地の霊水と言われる日本水(やまと水)から採取した酵母、根菜類などの植物エキスを8種類配合しており、ゆらぎ世代のくすみがちなお肌を、めぐりのお肌に変えてパッと明るくハリのある美しさを目指します。

防腐剤・界面活性剤・合成ポリマーフリーのため、敏感肌の方でも安心してご使用いただけます。通販で美容液をお探しの方は、お気軽にお買い求めください。